Recently in Questions Category

ドラえもんと検索

user-pic
Vote 0 Votes
日本人向けの話題&日本語オンリーで申し訳ないですが、
ちょっと軽いノリの話で「ドラえもんと検索」について。


着目するのは、

「宇宙完全大百科」

という秘密道具。
宇宙のすべての事象が乗っている辞書です。


例えば、内蔵マイクに「テスト」と入力すると、
「テストとは、学習活動、学業の成果を検査するための手段を指す~」みたいな解説が出てくる。

さらに、「◎◎小学校、×年×組 ?月?日 ×時間目のテスト」とマイクに入力すると、
実際の問題と、その解答まで出てくるというものでした。

ちなみに、あまりに膨大な情報なので、
その情報は宇宙に打ち上げられた衛星ディスクに乗せられている・・・という設定だったような(記憶違いでしたらごめんなさい)。


これは、現在の「インターネット」「ウィキペディア」、そして「検索」の延長に近いものなのではないでしょうか?

この道具を実現する為の一番の課題としては、
「すべての細かい情報を記録するにはどうしたらいいのか?」・・・というものですかね。

ボランティア的(ウィキペディア式)にUPしてもらうには限界があります。
「情報」として必要とされる情報が、キチンと上がる必要があるんですよね。
作成された&記録された情報を、自動的にUPしてくれるシステムがいるのかなあ、やっぱり(笑)


とはいえ、この作品、ちゃんと発明の問題点を露呈していた気もします。

まずは個人情報まで載せらえれていたこと。
そして、なんでも調べれば良いやというノリになって身に付かないこと(先ほどのテストの例でもわかる)。

この問題点が解決される、
未来のシステムはできるのかな??

what is the ideal research engine?

default userpic
Vote 0 Votes
理想的な検索エンジンについて考えてみました。

私はアートに興味があるのですが、
たとえば作品を検索する際、
作家や作品名のような固有名詞が分からないと検索はできないのが従来だったなぁと。

作品作る時もそうですけど、検索する時も感覚でしたい事が多くて、


例えば、イメージがあってクマの人形を参照したい時に、

白くて やわらかくて 目が茶色で 表情がやさしい

そんなクマが欲しい、って時これらのキーワードで検索でヒットするイメージはないに等しいんじゃないかって思いました。

あとは、例えばカンデンスキの作品が好きな人がいて、
購入できる価格の範囲で、若手のアーティストが作った作品なんかを見つけたい時、

一体なんてキーワードで検索するべきなんでしょう?

アブストラクト カラフル 音楽 作品

試しに上のキーワードでグーグルリサーチしてみましたけど、
やっぱりヒットする物に私が求めるようなカンデンスキ風な作品は見られませんでした。

今現在の検索エンジンのキーワードは固有名詞が主だけど、
固有名詞以外で検索できるような多様性があったら、より検索エンジンを楽しむ事ができるんではないかと考えました。


とも





About this Archive

This page is a archive of recent entries in the Questions category.

Opinions is the previous category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.